2010年03月25日

五十肩について


五十肩で横浜にある、整体・鍼/針治療院にて 五十肩に悩む患者さんの感想


○鍼/針治療・整体治療で、50肩(痛むところ)触らないのですね
☆五十肩の状態によりますが、夜痛み目が覚める
 じっとしていても五十肩の痛みを感じる、ズキンとイタミが走る
 この時期を急性期と呼びますが、
 この時期は直接肩の治療は×余計痛くなりますよ。

○揉んだり・ボキットやったりしないのですね、良くなるか不安でした。
☆ボキボキは私がやられるのが嫌いです。(勉強した時ズイブンやりました。)
 ボキボキしない整体のほうが、治療技術は難しいですが効果的です。

○五十肩だと思っていたら違ったのですね
☆肩や背中の痛みは、皆さん五十肩だと思われますが
 首やその他の問題も少なく有りません。
 治療前に”キチント”可動域(動く範囲)・筋力検査行えば分かりますよ。

○五十肩は、動かさないと固まると聞いて
一所懸命動かしていましたが逆だったのですね
☆これも、五十肩の状態に応じて異なりますが
 動かさなくても痛い・不意にズキント来る 急性期 
 安静必要
 動かさなければ痛くないが、動かすとズキンと来る 慢性期 
 痛くない範囲で動かす
 動かしても痛くないが、動かない 回復期
 ドンドン動かす
状態に応じた対応が五十肩には必要です。

○五十肩温めてはいけない時期もあるのですね。
☆これも、五十肩の状態に応じて異なりますが
 動かさなくても痛い・不意にズキント来る 急性期 
 炎症が強いのでアイシング必要
 動かさなければ痛くないが、動かすとズキンと来る 慢性期 
 ズキンときたらアイシング・様子を見ながら温める
 動かしても痛くないが、動かない 回復期
 関節を温め緩めて・ドンドン動かす
状態に応じた対応が五十肩には必要です。

○こんなに詳しく五十肩の状態について
 キチント調べて・説明してもらった事はない
 モット早く治療に来ればよかった。
☆特別な事はしていませんが、整体・鍼/針治療は状態に応じた
 治療が必要ですので、可動域(動く範囲)・筋力の確認が必須です。

五十肩に限らず、整体・鍼/針は状態に応じた治療が重要です。
十分な経験のある整体・鍼/針治療院を選びたいですね。

五十肩に悩み 横浜で整体・鍼/針治療の感想

五十肩 
以外にして良いこと悪いことが多いですね
民間療法にたよらずやはり整体に行ったほうがいいですね

悪化する前に整体へどうぞ
posted by せたろう at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。